東北銀行カードローンの気になる詳細を調べてみた!

東北銀行ではとうぎんカードローン「BuDDY」、カードローン「夢・ポケット」、カードローン「心配御無用PLUS」をこれまで取扱していましたが今現在は新規申し込みは終了しています。
今は「イーノス」という新たなカードローン商品を提供しています。
かつて大人気だったBuDDYと同じく融資限度額は最高500万円、金利も年4.8%、年8.0%、年11.0%、年14.0%のいずれかと金利もBuDDYとと同じです。
申込み条件は満20歳以上66歳未満、安定した継続収入があること、居住地又は勤務先が東北銀行の営業地区内の方、保証会社の保証を得られる方となります。
安定した継続収入があれば申込可能ということで、パート・アルバイトなど非正社員の方でも問題なく申し込めるということになります。
また年金収入も安定収入とみなされるようですから年金受給者も問題ありませんん。
更に配偶者に安定収入がある場合は専業主婦の方でも「イーノス」の利用が可能です。
地方銀行カードローンですから利用できる方はエリア限定となりますので注意しましょう。
営業地域は岩手県、青森県、秋田県、宮城県、東京都となりますのでこれらの地域の店舗付近に住んでいる若しくは勤務していることが条件ということになります。
東北銀行カードローンは変動金利を採用しています。
固定ではないため金利の動きにも気をつけたいところです。
東北銀行カードローンイーノスは申込み時点で東北銀行に口座を持っていなくても問題ありません。
ですが最終的には返済用口座として開設しなければいけませんので、この点はやや手間といえますね。
返済方法は自動引落と随時返済の2種類あり、自動引落しは毎月5日となります。
随時返済はATMにて行うことが出来ます。
毎月の返済とは別となりますので、随時返済したとしても毎月自動引き落とし返済はありますので注意しましょう。http://www.mvcsamedayloans.co.uk/

東北銀行カードローンの気になる詳細を調べてみた!

清水銀行「しみずピアカードローン」のスペックは?

しみずピアカードローンは静岡県静岡市に本店を構える地方銀行清水銀行が提供するカードローンサービスです。
地方銀行としての歴史は長く、当初は駿州銀行の名称で発足し、昭和7年に旧清水銀行が合併したのが始まりです。
清水銀行では全部で4種類のカードローンを取り扱っており、中でも人気なのがしみずピアカードローンです。
しみずピアカードローンは銀行カードローンと消費者金融の良いところを組み合わせたとも言えるカードローンでうs。
融資限度額は何と1000万円。
業界最高水準を誇る限度額はそれだけで利用価値があるといえるのではないでしょうか?
もちろん総量規制の対象外ですから年収制限を気にすることなく借り入れできますので、大口融資を希望する方にもオススメです。
そして更に驚きなのが金利です。
しみずピアカードローンの金利は年2.8%~9.8%の固定金利です。
上限金利を10%切るカードローンは銀行でも中々ありません。
少額の借入でも1桁の利率で借り入れできるのはかなりのアドバンテージと言えます。
清水銀行で住宅ローンを利用されている方は上限300万円となりますが金利4.5%で利用可能。
給与振込口座を利用している方は上限200万円で金利7.0%で利用することが出来ます。
これらの優遇がなくても十分にお得な金利ですよね。
しみずピアカードローンはインターネット支店より申込むことが出来ます。
インターネット支店に口座を持っていれば利用可能ですので、すなわち静岡県にお住まいでない方でも利用できるということです。
年収や勤続年数の条件はありませんので気軽に申し込めます。
但し専業主婦の方は申し込みできませんので注意してください。
申込み限度額が300万円までなら収入証明書の提出は不要となります。http://www.threecrossretail.co.uk/

清水銀行「しみずピアカードローン」のスペックは?

リースってなんですか?

リースとは設備導入を検討している会社に代わりメーカーから設備購入をして、それを賃貸することを言います。
資産を購入するのはリース会社となりますからリース会社に所有権があります。
ですから会社は貸借対照表に計上する必要がなくオフバランス化出来るというメリットが有ります。
殆どの物がリースの対象となりますので、IT関連機器や事務用機械、工作用機械、車両などなど様々なものをリースすることが可能です。
リースと似たような言葉にレンタルがありますが両者には明確な違いがあります。
賃貸借で物を利用するという点では同じですが、レンタルは貸し手が既に保有している資産の中から借りては選ばなければいけません。
つまり選択肢が限られてしまい中には希望するものがレンタル市場にないことがあります。
これに対しリースは希望するものをリース会社が購入しリース料を払っていくという形になりますので、幅広く対応できるのです。
リースは原則として中途解約は不可となります。
もし途中でリース契約を解約したとしても残っているリース代金は支払わなければいけません。
メリットは初期投資を最小限に抑えられることです。
当面の資金繰りに余裕が無い、設備投資をしてしまうと運転資金が不足してしまうという場合にリースは最適です。
逆に資金繰りが十分であれば購入してしまったほうが良いです。
リースは基本的に割高ですし最終的に自社の物にならないということを考えれば購入したほうが良いでしょう。モビットは必要書類は何?収入証明書なしだとダメ?

リースってなんですか?